忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   

本日、アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇第三部~血毒~(バッドエンド)動画をUPしました。
前回UPした動画、「穢されし神霊」をご覧の方で選択肢の場面からご覧になられたい方は、14:35辺りからご覧ください。(但し、前回動画で多少解りずらかった表現や、表記の揺れを統一するなど若干修正していますので、出来れば全てご覧いただくことをお勧めします)

ルートA第一部動画→https://youtu.be/CPY36oKzxyg?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA第二部動画→https://youtu.be/YgA2lRKusSo?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA第三部バッドエンド動画→https://youtu.be/EJIeqQJepXk?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA草薙篇動画を纏めて観る→https://www.youtube.com/playlist?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ついにラスボス戦来ましたよ。はい。しかもラスボス戦は勿論あの名曲です! 作製中は曲を聴きながらテンション上がりまくりでした。……て、アオイシロじゃなくてアカイイトのあの曲ですが(マテ)。只、折角のWKSなので原作とは違う雰囲気を出すのも良いのではないでしょうか? 今回はまたバッドエンドですが(マテ)
本当はバッドエンド二つも作る予定は無く、ハッピーエンドのシナリオを書くつもりでしたが、ケルト神話とケルト人の風習で結びつく、ちょっと興味深いエピソードを知ったのでバッドエンドとして取り入れてみました。是非ご覧ください。
さて、次回こそハッピーエンドを作製し終えて、WKSファイル公開、その後ルートAハッピーエンド動画のUPと行きたいところですが……只ハッピーエンドを作製するだけじゃなくて、おまけまで作るか考慮中です。
おまけはかなり特殊な話を考えているので作製に時間が掛りそうですが……(というかWKSで表現できないかも知れませんが;;)
おまけに力を入れ過ぎてハッピーエンドがしょぼくなったら本末転倒ですしね(滝)
ルートBとの兼ね合いもあってルートAのエンドで何処まで内容を明かすか、さじ加減も難しいところですが、宜しければ最後までお付き合いください。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[3回]

PR

先週は土曜日22時まで働き、カプセルホテルに泊まり、日曜日は6時出張というスケジュールでした。今週ようやく土日休みと思ったら体調を崩してしまいましたorz……ですが、今日集中して作成し、何とかバッドエンド分のWKSを仕上げました。
本日、アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇第三部~穢されし神霊~(バッドエンド)動画をUPしました。

ルートA第一部動画→https://youtu.be/CPY36oKzxyg

ルートA第二部動画→https://youtu.be/YgA2lRKusSo

バッドエンド動画は再生数が低くなりがちですが、ラスボス戦なのでやはりバッドエンドの一つでも無いとオカシイので創りました。興味がある方はご覧ください。
今回は予告通り、ケルト神話ネタが多いです。敢えて元ネタ分析でやっていなかった内容も多いので、初めて知る内容も多いかもしれませんが(いや、こんなの知ってるよと言われそうですが;;)アオイシロを深く理解するには今回の内容は役に立つかもしれませんので、是非ご覧ください。
次回はDLファイルを公開出来たらと思いますが、まだハッピーエンドの内容が出来ておりませんorz
どうか気長にお待ちくださいませ。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[5回]

本日蒼海緋月本館アオイシロ元ネタ分析の「クロウ・クルワッハ」を加筆修正しました。

クロウ・クルワッハについてはまともに触れている書籍が殆ど無いのですが、アオイシロのWKSを作製するのにケルト神話ネタは避けて通れないので、色々文献を漁っていたら、解ってきたことがあるので加筆修正しました。興味がある方はご覧ください。
しかし、ケルト神話である程度物語としてまとまっているのが井村君江さんの著書ぐらいしか無く(しかもクロウ・クルワッハなんてスルーされてるし)『レンスターの書』なり『赤牛の書』あるいはそれらの著書からまとめた『侵略の書』(『来寇の書』)の翻訳書とか無い物ですかね。。。ケルト関連の書はゴロゴロあるんですが、原典が無いので引用等、どうしても断片的な内容しか解りません。
こんな感じですが、四苦八苦しながら色々調べて、秘曲剣巻草薙篇ルートA第3部はケルトネタが盛りだくさんになってます。ネタバレになってしまうのであまり多くは語れませんが、WKS公開後、もう少しケルト関連の元ネタ分析も追加出来たらと思います。

拍手[4回]

草薙篇第二部ルートA動画をUPしました。
サムネイル画像はアカイ○トのあの迷(?)シーンをモロにパロった場面ですw

Youtubeから直接見る→https://youtu.be/YgA2lRKusSo

草薙篇ルートA第一部の動画→https://youtu.be/CPY36oKzxyg

HDを変更した影響なのか、あるいはPC自体がもう古いのか、一寸動画がカクカクしてますね(滝)
 自分のPCの環境ではですが、録画しないで普通にプレーする分には問題が無かったので、アオイシロWindows版をお持ちの方はWKSファイルのダウンロードしてプレーする事をお勧めします→秘曲剣巻草薙篇の配布版DLページ

昨日(土曜日)は19時から出張でした。その前に動画のUPだけは出来たのですが、こちらでの通知がすっかり遅れてしまいました。今月は休日出勤が増えそうです。
という訳で全然ルートA第三部に取り掛かれていませんが、必ず終わらせるので気長にお待ちください。
次回はラスボス登場。地下祭壇について気付いた事もあるので、その辺も踏まえながら作製したいと思います。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[4回]

本日、アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇ルートA第二部の配布版を公開しました。

小説なら2~3週間間隔で書けそうな内容なんですが、相応しい音楽や背景。それにちょっとした演出等を考えていると中々短時間では作製出来ませんね。PCの故障さえなければとっくに公開出来てたんですが、一から作り直さざるを得なくなり、時間がかかって申し訳ありません。
*プレーするにはアオイシロWindows版が必要です。お持ちでない方は後日、動画をUPする予定なのでお待ちください。

あまりネタバレ的な話は出来ませんが、今回は原作の元ネタ(というかルートBの元ネタも含んでますが)分析的な内容も含まれていて、本当の意味でアオイシロを理解なさっている方には興味を持っていただけるのではないかと思います。
あと、サービスシーンやちょっとしたおふざけ、アカイ○トのあの迷(?)シーンのオマージュなんかもありますw
興味がある方は是非プレーしてみてください。

因みに今回はマルチエンドではありません。それっぽい選択を迫られるシーンはあるんですが、結末は同じです。ルートAに関しては第三部で終了予定なので、第三部はマルチエンドにするかも知れません。その場合、どういう物にするかまだ考えてませんが(マテ)
次回は動画をUPし、その後、ルートAのシナリオを完結させる予定です。あるいはルートBの第二部にするかも知れませんが、その時の状況や気分で決めます。(オイ)

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[4回]

蒼海緋月本館ホームページアカイイト,アオイシロを理解するためのお勧めの本の「この位では物足りん! という方向け」書籍を一冊追加しました。

今更かいと言われそうですが、定番中の定番の岩波文庫版『日本書紀』です。原文・書き下し文だけでなく、校注や補注がこれ程詳しい本は私が知る限り、他に類を見ないと思います。
とはいえこの本、例えば朝鮮関連史の見解等は近年の発見とかけ離れており、寧ろ日本書紀の内容が伝説的な描写はとにかく、割と事実に近い事を物語っているのが解ってきたので内容的には古いのですが、それでもまだ研究書の中で最も充実しています。
井上光貞氏の『古代史研究の世界』(吉川弘文館)の「大本系『日本書紀』(上)の注解」で井上氏が岩波文庫版の元となった大本系の『日本書紀』の制作にあたった時の事を載せていますが、日本古代史の分野だけではなく、民俗・神話学や建築・遺跡、日本思想史等様々な分野から当時の著名な研究者二十四人が製作に関わり、畑違いの分野の人や歴史学者同士でも見解の相違があり苦労した様子が書かれていましたね。神代について、とかく津田史観に囚われがちな歴史学的立場と、国文学や文化人類学的立場の研究者間で意見の相違を踏まえながら歩み寄っていったというのは実に井上氏的であるといえます。
(もしかするとアオイシロWKS~秘曲剣巻草薙編~の解説で井上氏の批判をやっていたりするので嫌っていると思われているかも知れませんが、津田学徒を称してはばからない直木氏辺りより全然好意を持てます。研究方法は今でも参考になると思うのですが、結論が納得が行かない事もあるというだけで、それはどの分野の研究にも在り得る物なので)

まぁゲームの内容を理解する為にという目的で読むには高度すぎるのですが(笑)お勧めの本を全部読めるぐらいの人はチャレンジしても良いかと思います。

話が変わりますが、現在アオイシロのWKS作製中です。前回のエントリーで述べましたが、PCが故障したために作製中だったWKSのデータが吹っ飛んでしまった為、公表が大きく遅れてしまいましたが、ルートAの第2部に関しては大分出来上がってきました。キリが良いところでダウンロード版から公表したいと思いますので、もう暫くお待ちくださいませ。

拍手[5回]

最近サイトが更新出来ずに申し訳ありません。これには訳がありまして、先週、23日ぐらいからPCが起動しなくなったのが原因ですorz
取りあえず現在は復旧出来ました。
具体的な経緯は以下になりますので、似たような障害が発生した時に参考にしていただければと思います。

・5月15日か16日ぐらい
1.地震で起動中のノートPCに物(扇風機)が落下。なんかエラーが発生し、操作不能になり、やむを得ず電源長押しし、電源切断。

2.PC電源投入、Windows7のロゴから進まない状態になる。

3.PC電源投入後、[F8]キー連打で「コンピューターの修復」のシステム回復オプションから「スタートアップの修復やら」「前回正常起動の構成」やら試すも2の現象が治らず。

4.PC電源投入後、[F8]キー連打で「コンピューターの修復」のシステム回復オプションから「コマンドプロンプト」を実行し、「CHKDSK d: /f」を実行。(何故かDドライブでした)

5.チェックディスク終了後、Windows正常起動!

やった治った―と思い、ここで油断したのが運の尽きでした。
Windows7のロゴから進まない現象はMBRに障害があったとして、それの原因は物の落下ではなく、電源長押しが原因なのかもしれませんが、物理障害も想像できた訳で、この時点でさっさとバックアップを取り、ハードディスクを交換→リストアすべきでしたが、その手間を省いたツケを払わされる事になります。(この時点で既にバックアップが取れなくなっていた可能性もありますが)

・5月23日位
6.ウィルススキャンが途中から全く進まなくなり、シャットダウンも出来ず、電源長押しで電源切断。

7.スキャンディスクをかけるも、途中から全く進まなくなり、電源長押しで電源切断。

8.PC電源投入後、「ファイルを読み込んでいます」というメッセージが表示され、暫くするとOS起動せず、電源が切断される。

・5月26日
9.「ファイナルデータ10復元+office復元」を購入し、データ復旧を試みるも、「ドライブの検出」で2日ぐらいかけても数パーセント程度しか進まず。
CDブートのWindowsPEの場合、72時間で自動的にシャットダウンされる仕様らしいので、時間の無駄と判断し、2日目で作業を止める。

・5月28日
10.データ復旧は諦め、ハードディスクを交換し、2年前に取ったAcronisのイメージバックアップからPCを復旧しました。なお、ハードディスクは別メーカーの製品で、元はサムソンの640Gのハードディスクでしたが東芝の750Gのハードディスクに変更したのですが、無事に使用できました。

11.PC復旧後はインターネットにつなげる前に最低限、セキュリティ面のパッチの更新が必要なので、以下の事をやりました。

①セキュリティソフトを最新定義にする。
②Windows Update実施。
③JAVAを最新定義にする。
④Adobe Flash Playerを最新定義にする。
⑤Adobe Acrobat Readerを最新定義にする。
⑥ブラウザを最新定義にする。
⑦ホームページビルダーを最新定義にする。

特にWindowsは180個パッチがあって、しかも一度では適用しきれず、半日近くかかりました(泣)

あとは時間的に余裕があれば、この後、ディスクのクリーンアップ、チェックディスク、デフラグですかね。

そんなこんなで、サイトの更新どころじゃなかったのですが、こうしてブログで現状をお知らせ出来るぐらいには復旧出来ました。
連休中からしこしこ進めていたWKSのデータが吹っ飛んでしまったのが痛いです。。。
本当はとっくに公開している予定だったのですが、作り直しですね。とほほほっ……

という訳で、暫くサイトの更新が出来ないかも知れませんが、時間がかかっても必ず作成しますので気長にお待ちいただけたらと思います。

拍手[2回]

大した内容じゃないのですが、当ブログのプラグインでアカイイトのバナーが見えなくなっていました。
一応バナーのダウンロードページのソースをそのまま使用していたし、再度貼り直してみても表示されなかったのですが何故ですかね。。。

仕方ないのでバナーをダウンロードしてソースを書きなおしました。
2016年5月20日現在、麓川さんのブログでも見えなくなっていたんですが、外部からのアクセスを受け付けないサーバーにでも移行したのですかね?
バナーもいつの間にか変更したのか「マンガ化決定!」とか書いてあるんですが、
テキトーに探した限りではそんな情報何処にもなさそうですしね。(あったら教えてください)検索しても花影抄の頃の情報ばかりですし。
まぁマンガ化してくれたら確かに嬉しいんですが、ロンドの時みたいに百●姫とか、ただの百合作品だったら勘弁してほしいですね(苦笑)

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[1回]

皆様。連休は如何お過ごしでしょうか? 私は今年は運よくカレンダー通りです。
まぁ連休明けのスケジュールが地獄なので、一日位出勤したい気持ちもあるんですけれどね。
いや……それよりか、ぼさぼさの髪にリボンを付けた、眼鏡のきょにう先生と博物館巡りをしたいです。(マテ)

さて、妄想はとにかく、昨日夜、アオイシロWKS桜井綾代アフターストーリー(ノーマルエンド)の修正版をUPしました。
アオイシロWindows版をお持ちの方はWKSファイルのダウンロードしてプレーする事をお勧めします。→桜井綾代アフターストーリー配布版

去年作製した際はノーマルエンドはハッピーエンドと大差が無い為、動画をUPするつもりは無かったのですが、WKSを大幅に修正し、おまけストーリーも追加した為、動画を作製しました。

修正前のハッピーエンドの動画と比較してみると、大分良くなっていると思いますが、如何でしょうか?

なお、今回作成したノーマルエンドのおまけストーリーはアカイイトのドラマCD「京洛降魔」のボーナストラックのおまけのパロディになっています。草薙篇みたいな一寸固い雰囲気の話が続くとこんな話もたまに作りたくなるんですよねw
興味がある方はご覧ください。

今後の予定ですが、草薙篇の続きを作製するか、葵先生の話の続きを書くか、たまにはアカイイト関連のコンテンツを何か更新するか未定です。まぁWKSの使い方を忘れないうちにどんどん草薙篇を進めようとは考えていますが、一ケ月に一回動画のアップロードするのも流石にきつくなって来ました。小説と違って文章だけでは無く、画像や音楽も相応しい物を選ば無いと駄目ですし、マルチエンドとなると色々話を考えないと駄目ですしね。その分、只の小説を書くより楽しいんですけれどね。
宜しければ、当方の気まぐれに付き合っていただけたらと思います。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[6回]

こんな時間になってしまいましたが、何とか間に合いました。
本日、アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇及び桜井綾代アフターストーリーを修正しました。
草薙篇は漢字の読みが一か所間違っていたのに気付いて訂正しました。動画5回も上げて気付かなかったのはちと恥ずかしいです(滝)まだ探せばあるかもしれませんが、Youtubeだと動画の差し替えも出来ない様なので、動画向けにはその内誤字の一覧をHPに作製します。
 桜井綾代さんの話は大幅にイベント絵の追加やちょっとしたテクニックで工夫を加え、大分良くなったと思います。まぁWKSは一年ごとに作製していたので、一年も経つと使い方を忘れてしまっていたので、今からみると下手くそに感じていたのですが、今年はずっとWKSをやっていたので過去の作品も修正したくなりました。……しかし、凝りだすとキリが無いですね(滝)

今回の目玉は桜井綾代さんの話のノーマルエンドへのおまけストーリーの追加でしょうか。アカイイトのドラマCDをパロディにしています。これは連休頃に動画をUPしようと思いますので、Windows版アオイシロをお持ちで無い方はお待ちください。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

追記:4月19日 再度桜井綾代アフターストーリーを修正しました。本当に凝りだすとキリが無いですね(苦笑)

拍手[3回]

ペルソナ2の時のように大人の事情で名前を変えさせられたり、圧力をかけられて販売停止などの事態に至らない内に急いで購入(笑)。毎日3時ぐらいまでプレーして眠い日々も一旦終了です。

本当は皆殺しルートからクリアーしようかと思ったのですが、ヴィシュヌフリンにあっさりと敗れて挫折。
まぁ皆殺しルートは周回プレーで挑戦すると言う事に方針転換し、メンバーのサポートを受けられて比較的容易な絆ルートからクリアーしました。

いや~面白かった。
前作で物足りない部分や不満な部分が克服されていて、遙かに良い作品になったと個人的には思います。

以下ネタバレを含みますので、ご注意ください。



やっぱり今作の一番の目玉はこのお方の登場でしょう。

約22年ぶりの再登場ですか。。。

懐かしい台詞。

ワルターとヨナタンの再登場は二人が好きだったので滅茶苦茶嬉しかったです。
ワルターの台詞カッコイイな。
まぁ所詮神さんなんて人間の思考が生みだしたものですから、信仰を失えば力を無くしますし、この「観測」は正しいかと。

実は一神教徒が散々異国の神に対してやってきた事。
『失楽園』は言うに及ばず、日本でも大仏を見た宣教師が本国に「裸の悪魔」と報告した事実がありますし。

変化後のYHVH戦の曲「神に仇なすもの」はFC版女神転生Ⅱの「OMEGA~聖戦」を超える名曲。
実は、YHVH再登場と、この曲を聴いたのが購入のきっかけでした。

・YHVH戦の準備とメンバー
YHVH撃破時の主人公の能力と装備は以下です。

ニギハヤヒ(HN・元ネタ解りますよね?)
LV99
HP1059
MP337
力175・技154・魔293・速198・運140
剣威力296 銃威力171
武器 天叢雲・鋼質バズーガ・プロメティウス弾
防具 (頭)ステルスホワイト(体)ニーベルゲン(足)マスタースーツ(アクセサリ)賢王の腕輪

スキル
アイスエイジ(+3)エナジードレイン(+9)トリスアギオン(0)覚醒の力(0)八色雷公(+1)審判の光(+9)コンセントレイト(+5)メディアラハン(+5)

魔法攻撃型で、衝撃属性以外を揃え、メディアラハンを取得している割と無難なチョイスですかね。上級者にはつまらないとディスられそうですがf^^;

一回目に挑んだ時は燃費の悪いデミウルゴス辺りを選んでましたが変化後にあっさり全滅したので、しっかり準備してから再挑戦しました。(LV99でラスボスに勝てないなんてシリーズ初でしょうね・苦笑)
主人公には経験値が多く貰えるアクセサリを装備させていたので割と早くLV99になれたのですが、サポートメンバーとのレベルが10近く開いてしまうという事態に。おかげでHPが低く、フリンチームの足を引っ張ったイザボーのLV99まで上げ、上位の特殊合体悪魔を揃えて再挑戦しました。

仲魔はイナンナ・オーディン・クリシュナという多神連合チーム。
パートナーはハレルヤを選びました。
クリシュナの補助と回復、オーディンのチャージ→グングニルで弱点を突かなくても1000前後の安定したダメージを与え、主人公がコンセントレイト→アイスエイジで弱点を突いたとき、補助魔法効果MAX時には5000ダメージを超えました。
……ところがこのメンバーでもYHVH変化後、仲魔は全員やられました(滝)
その後、フリンチームも全滅し、流石にリセットかな……と思ったのですが、暴れまくりを主人公の物理反射防具とやられた仲魔の代わりに入ったシヴァの物理吸収効果でこちらがニヤリ状態になり形勢逆転。勝利しました。FC版2や真女神転生2でも対YHVHで凄まじい威力を発揮してくれましたが、幾らシリーズを重ねようともメガテンで一番頼りになる仲魔はシヴァだということを再認識させられましたね。
物理反射防具のニーベルゲンには前作でも助けられましたが、この防具は必須です。

余談ですが、真Ⅱでは文字通り必中必殺・ルシファーですら一撃で戦闘不能にした「ゴッドボイス」は今作では外してくれます。逆にヨナタンが「ヘキサグラム」使えたらこっちが瞬殺出来るんですかね?(な訳無いか)
 
・サポートメンバーについて雑感。
前作ではサポートメンバーは役立たずどころか、サムライの本気だとかぬかして、例えば雷属性に強い相手にジオを放つなど、盛大に足を引っ張ってくれたものですが、今作では各メンバーとも臨機応変に行動してくれたり、アシストアタックで大ダメージを与えてくれたり役に立つようになりました。

・アサヒ
いまいち好きでない……。率直に返事していたら多分DARKポイントばかり溜まっていそうでした。アサヒの死や復活をもう少し神話的に表現したらどうなのかと思いました。
あるいは下手に復活させず、Wizardry BUSINのソフィアみたいな話に持って行ってくれたら良かったと思います。(まぁあの作品の感動は色んなゲームの中でも別格ですけどね。)
私は殆ど使わなかったのですが、終盤はボス戦でチアリングが役に立ちそうです。

・ナバール
実は一番役に立つ(笑)。序盤ではスキル枠不足でどうしても後回しになりがちなサポート魔法を取得してくれるので、ボス戦で助かるし、アイテムを使って臨機応変に攻撃もしてくれます。
更に「ヒスイの守刀」で霊晶を破壊出来る上、前作のエストマソードのような効果も発揮してくれ、とても便利です。
余談ですが、ヒスイの刀所持中にナバールを飛ばせることを知らず、中盤位までアイテムを取り損ねていました。
後半戦はHPの低さがネックになる事も。仲魔の補助魔法のスキルが充実したらハレルヤのが良いかも。

・ノゾミ
前作から伏線があったお色気お姉さん。前作では高レベルのハンターだったのが、今作初登場時はナパイア以下のレベルに(滝)そりゃヒーホーに舐められても仕方ないホー。
特に雑魚戦では役に立つので、序盤は大抵ノゾミをメインメンバーに選んでいました。
イザボー加入時やハレルヤ覚醒後は出番が少なくなっちゃいました。

・ハレルヤ
メガテン版カル=ス?(あのマンガまだ続いてるのかしらん)
友達に欲しい(笑)悪魔のハーフというのが信じられないスゲー良い奴ですね。
神への称賛の言葉を堕天使が名づけるというのは悪魔的な皮肉なんでしょうね。
悪魔の力解放後はメンバーの中でも最強クラスなので、殆どメインメンバーにしていました。

・ガストン
ハレルヤとは正反対の嫌な奴ですが(笑)、彼が成長していく姿もこのゲームの見どころの一つかもしれません。
物理属性攻撃しかないので序盤は事実上シェーシャ専用機ですが、覚醒後はメルカバー戦で安定したダメージを与えてくれたり、グングニル取得後は貫通が付加するので選ぶのもありかも知れませんが……瞬殺効果があるトキ選んだ方が無難ですかね。

・イザボー
初加入時のLv50と群を抜いて高レベル。とはいえ、前作だとこの時点でレベル70は無いとおかしいんですが、ゲームバランスを考えての調整でしょうね。
各攻撃・回復魔法を取得しているのでどんな状況でも頼りになります。
ハレルヤが悪魔の力を解放した後は魔法の威力でハレルヤが上回るので出番が少なくなりますし、覚醒しない為、実力的にも物足りなくなりますが、絆ルートのYHVH戦ではフリン側で戦う事になるので、終盤でも鍛えておく必要もあります。

・トキ
デレた時の落差を楽しむのもこのゲームの売りの一つかも(笑)絆ルートだと結局あれは色を当てられた影響だったのか、本音なのか最後はちょっと曖昧ですが、皆殺しルートからすると本音なんでしょうね。
仲間集めをしていない時にフィールド移動時に連れて行くと、トキの「闇討ち」が役に立ちます。レベルが離れていても厄介な軍勢を瞬殺してくれますし、極めつけはYHVHの宇宙でメタトロンの軍勢をエンカウント直後に葬りさってくれるのは痛快です。
ボス戦は他のメンバーにしましょう。

・お勧めメンバーまとめ
序盤~中盤フィールド ノゾミ→イザボー(仲魔を集めない時はトキ)
序盤~中盤ボス戦   アサヒ→ナバール(シェーシャ戦はガストン)
終盤 フィールド   ハレルヤ (仲魔を集めない時やYHVHの宇宙はトキ)
終盤 ボス戦     ハレルヤorナバール (アサヒ復活後はアサヒという人も多い)

・儀典女神転生と似たストーリー
意外な事に、儀典女神転生とストーリーが似ています。
例えば殺されて黄泉平坂を行き、その後力を得るシーンは、儀典女神転生でもヒロイン殺害後、選択肢によってはヒロインの後を追い、自殺に近い形で黄泉平坂に行き、ヒロインに戻された後覚醒するシーンと被ります。

アドラメレクは儀典のムールムールと被りますし(性格が全然違いますが)、ヒロインが死んで生き返ったりとか。あと、儀典ほどではありませんが結構グロイとことか(笑)


・ケルト神話について
ダグザがクリシュナや唯一神と互する大物扱いなのに違和感があるのは私だけでしょうか。。。
ダヌー神族が登場するケルト神話は1100年頃に書かれた『赤牛の書』や1150年頃に書かれた『レンスターの書』であり、これらの書の中の『侵略の書』でダヌー神族は書かれており、つまり現在に伝わるケルト神話は12世紀に書かれたものであり、これらの話の元となった詩等は6世紀から伝わっているとはいえ、決して古い時代の神話ではないと言う事です。
大陸のケルト神話とアイルランドのケルト神話は一緒にせず、別系統の物と判断すべきです。

『侵略の書』に書かれたケルト神話はキリスト教の影響を受けており、ケルトが無文字文化であったこともあり、本来の神話がどのようなものであったのか解らないというのは私も同意です。
 日本の歴史学者の知見では口承文芸が正しく伝わるのは精々百年程度であるとしており(因みに民俗学者の谷川健一先生は七十年程度と仰られておりましたが)、元の話が解らなかったから、じゃあメガテン風にどんな解釈しても良いのかというとちょいと疑問です。
 
因みにダヌー神族は一神教サイドの一方的な被害者のような語られ方ですが、直接ダヌー神族を地下世界に追い込んだのはミール族なのですが。。。
アイルランドの宗教に関しては、長い年月をかけて、融和的にキリスト教文化に取り込まれていったのが事実の様です。これがマヤやアステカだったら完全な被害者だって納得するんですけどね。
それにダヌー神族もフィル・ヴォルグや原住民のフォモール族を滅ぼしているんで因果応報というか、ダヌーやノゾミらの主張に「何言ってるの?」と首を傾げざるを得ませんでした。

このように元ネタに関しては色々首を傾げたくなる部分もありましたが、(近年、現代人が筆ペンとパルプ紙に書いた事が証明された例の偽書に登場するアラハバキとかいつまで登場させる気なんでしょうね。。。因みにこの神様が東北においても寧ろ大和朝廷に「夷を持って夷を征する」形で利用されていた可能性については谷川健一氏の『白鳥伝説』に載っています)ゲームとしては面白いと思います。

皆殺しルートと東狂は時間を空けてプレーします。

おまけ

神の操り人形といえばこの曲っしょ(2分過ぎぐらいから)。
儀典女神転生のボス戦のリフはこの曲の影響を受けているっぽい感じです↓

拍手[0回]

   
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]