忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   

草薙篇第三部ルートB動画「渾沌の武神」をUPしました。

Youtubeから直接見る→https://youtu.be/1M10kgiuPVw

草薙篇ルートB第一部の動画→https://youtu.be/L0HfuNffH60?list=PLzp5ofQVULfNx-7Es6FIn4TACesWYtE2B

草薙篇ルートB第二部の動画→https://youtu.be/6M8Uox3turU?list=PLzp5ofQVULfNx-7Es6FIn4TACesWYtE2B

草薙篇ルートBを纏めて観る→https://www.youtube.com/playlist?list=PLzp5ofQVULfNx-7Es6FIn4TACesWYtE2B

ルートB第2部までとルートA第3部のバッドエンドを含めた伏線回収回となります。今までの話で影をちらつかせていたラスボス登場回になります。ルートA第2部でわざわざ葵先生に用語解説していただいたのは今回の話の為だったりします。ラスボスに関しては恐らく記紀しか読んだことが無いと何で? と思うかもしれませんが、ちゃんとある古典(アカイイトの二次小説・紅紡を書いている時から御馴染みのあの書ですが)や神社伝承、更に驚くべきことに漢籍にまで根拠はありますので。
途中までは一見ルートA第3部と似たような話に思えるかもしれませんが、細かいところで変わっていますので、違いを見て頂ければと思います。例えば馬瓏琉が『侵略の書』の一節を話すシーンが『椿説弓張月』の曚雲登場シーンの台詞に変わっていたり……流石にこの元ネタは誰も気づかないでしょうけれど(滝)あと、摩多牟に関してはさりげなく禍獣の解説になっていたりします。あと、たまにアオイシロの聖地を調べるのに検索で来られる方も居るので、地下祭壇への洞窟の元ネタに関して少し詳しく説明しています。海外なんですけれどね;;
今回は今までのバッドエンドの中でも一番悲惨な内容かもしれませんのでご注意を。
次回ハッピーエンドにするかもう一つぐらいバッドエンドを作るか、まだ決まっていません(マテ)。しかし、あの化け物をどうやって倒したらいいのでしょうかねぇ(激しくマテ)

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[0回]

PR

毎度当サイトへお越しくださいまして、ありがとうございます。
おかげ様で本日、2016年11月27日でアオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月を開設して5周年になります。

別作品メインのサイトで紅紡を書き始めた頃から数えると7年間創作を続けていますね(滝)。2年ぐらい前と比較するとアクセス数も減少傾向にあるし、モチベを保つのも難しくなってきたので、そろそろ潮時かなとも思うのですが、WKSや葵先生の話も終了していないので当面は続けていくつもりです。最後に長年温め続けているアカイイトとアオイシロのクロスオーバー作品も書いてみたいと思っているので、2018年のアオイシロ発売10周年までは続けていきたいと思います。

5周年という機会なので、当サイトの人気記事?を公表します。(画像は2016年11月27日現在の順位になります)
↓クリックすると画像が拡大します。

単純に拍手数が人気と結びつくのか解らないですが、流石に5年間の閲覧数を比較したりも出来ないので、一つの目安とします。メガテンの記事が含まれているのがオイオイと言いたくなりますが(まぁ歴史もユーザー数も違うので仕方ないですが。。。)このブログを作る前から書いていた無印紅紡は含まれていません。(おまけ小説の「好き放題好き放題」なんて未だにアクセスが多いのですが)最初の2年間程は拍手数の公開もしていなかった影響があるのか、多くても3拍手ぐらいしか貰えなかった時期もあった事を考えれば大分増えたのかなと思います。
因みに私の一番好きな話(アカイイトSS紅紡異伝-神々と鬼の間-第六之巻「葛城之鎮魂歌」)は10位ですか。(7位までと同じ拍手数ですが)。この話の後から拍手が急に増えたと思うので単純に比較できないのかも知れません。しかし、我ながら「好き放題好き放題」と「葛城之鎮魂歌」が同じ人が書いた作品には見えませんねW
 趣味でやっているだけの自己満足の作品やコンテンツにも関わらず、他の方に1拍手でも評価していただけるのは嬉しいです。サイトを続けている限りは例え一人からでも評価していtだけるように頑張ろうと思いますので、引き続き気長にお付き合い頂ければと思います。

話が変わりますが、本日WKSで出来ない事と対処法(誤魔化し方)というコンテンツを作製しました。おまけツールなので当然原作の通り表現出来ない事もあるのですが、ちょっとしたテクニックで少しでもそれっぽく見せたり誤魔化す方法を気付く範囲で載せています。興味ある方はご覧ください。

今後もアオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月をよろしくお願いします!

拍手[9回]

草薙篇第二部ルートB動画をUPしました。

Youtubeから直接見る→https://youtu.be/6M8Uox3turU

草薙篇ルートB第一部の動画→https://youtu.be/L0HfuNffH60

サムネイルは大抵お気に入りのシーンの画像をハードコピーして使うのですが、今回は自動的に私の心を読んでくれたのか、わざわざ画像をUPする手間も無く即採用です(笑)
ルートAの第2部はコハクと汀が仲間で夏夜さんが敵なのですが、ルートBの第2部では夏夜さんとナミ(ヲハリ)が仲間でコハクと汀が敵という立場から始まります。
話が一本筋の小説と違い、マルチエンドのゲームだと色んな立場でキャラを考えないと駄目なので大変だなと思いましたが、宜しければルートAとの違いも見て頂ければと思います。

なお、現在第3部作成中です。公開まで時間が掛るかも知れませんが暫くお待ちください。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[4回]

危うく忘れるところでした。
本日11月1日はきょにうと眼鏡がセットの葵花子先生の誕生日です!
アオイシロ 葵花子
お気に入りの絵。
学生にみえてもおかしくないっすね~。可愛いです。出来ればブルマが良かったのですが(マテ)
ヲタに堕ちてから早12年。二次元で葵先生ほど気が合いそうな方はお目にかかった事がありません。誰か葵先生と結婚するにはどうすればいいのか本気でおせーてください。(真剣)
葵先生が散らしちゃったリョナ小説が放置状態ですが、これはWKS完成後に必ず完成させます。
……どこまで表現していいか悩みどころですが;;

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします!

拍手[3回]

本日、アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇ルートB第二部の配布版を公開しました。

今回はルートAの第2部と同じくマルチエンドは無しにしました。途中から元が何のルートか分からなくなるような展開になったりするのですが(笑)、ルートAの第2部と比較すると大分良くなっているかと個人的には思うのですが、宜しければプレーをし比べてください。

後日、動画をUPしますので、Windows版アオイシロをお持ちで無い方は暫くお待ちください

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[4回]

youtubeにアップしたシャムシエイドのMIDI曲にアメリカ人のシャムシエイドのファンという方のコメで一緒にコラボしませんか(意訳)というメッセージが来たのですが、DTMやっていたのはWindows95の時代ですし、機材面からして現行のPCはサポートしていない為、今は出来る訳ないので断ろうと思うのですが、(というか今はアオイシロWKS関連しか動画作製していないし)どういう断り方なら失礼が無いんだろうか。。。と、いきなり話がずれました。

10月9日、蒼海緋月本館ホームページアカイイト,アオイシロを理解するためのお勧めの本のアカイイト向けの書籍を一冊追加しました。

『風土記』は以前から平凡社の物をお勧めしていましたが、今回ご紹介させていただいた角川ソフィア文庫版は現代語訳の他に、書き下し文や本文が付いており、更に下巻には索引がついており、用語を調べる時等に便利でお勧めです。脚注の内容は平凡社版の方が充実しているので、両方見比べてみると良いと思います。あと、アカイイトとは関係ありませんが、個人的には『海部氏勘注系図』の割注まで掲載されている事に驚きました。平凡社や岩波文庫の『風土記』には掲載されていなかったので手に入れて良かったかなと思います。
宜しければ参考にしてください。

話が変わりますが、現在草薙篇のルートBの第2部作成中です。原作やルートAとも違う新鮮味を持たせたり、原作のネタバレはどこまで行って良いのか、オリジナル要素はどこまで組み込んで良いのか等、苦悩しながら作製していますが、必ず完成させますので暫く時間をくださいませ。

拍手[3回]

本日10月8日は美脚美腕美顔美少女!!! アオイシロの主人公、小山内梢子さんの誕生日であります。
はい。今年も忘れず同じ台詞を言えました。
葵先生と一緒に結婚していただくにはどうすれば良いのでしょうか(お決まり)

一昨年のような月蝕のようなイベントが無いのが残念です→小山内梢子さんが誕生日に蝕の力覚醒

小山内梢子と相沢保美のキス
綾代さんのWKSとか葵先生の話とか昨年まで色々作製してきましたが、今年は基本に立ち返り、小山内梢子さん視線のアオイシロの二次創作の秘曲剣巻草薙篇はルートB第二部を作製中です。ルートA以上の内容の作品が出来ればいいのですが、作製には少し時間が掛りそうなのでもう暫くお待ちください。
アオイシロWKS第一部ルートB動画→https://youtu.be/L0HfuNffH60

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします!

拍手[3回]

4月に絆ルートをクリアーしてから半年。以来チマチマと皆殺しルートを目指してプレーをし続けてましたがサイトの更新をサボ……ゲホゴホ。息抜きでプレーして先日ようやくクリアーしました。(さ……サイト更新の為にも他のゲームをやるもの良い影響を与えると思うのですよね。はい。今度はちゃんと更新するので少々お待ちくださいませ)
メガテンのようなゲームが作製出来たのは豊臣秀吉や徳川家光の功績でしょうね(笑)。よく大河ドラマで切支丹どもが被害者面をしているのが如何に偏った見解であるのか、このゲームをやっていると如何に宗教というものが胡散臭いものであるのかが解ります。
絆ルートの記事はこちらをご覧ください。

以下、皆殺しルートにつきましてネタバレを含みますので、ご注意ください。



宇宙の卵にて。かつての仲間達と戦闘になった時、トキタンにトレードを申し出たところ、おねだりされました。
うんうん、お嬢ちゃん可愛いねおじさん何でもプレゼントしちゃうよ……って貴重品のソーマかい(滝)

ちょっとトキタン贅沢じゃないかと思いつつ、ソーマをプレゼントするとお返しにレアアイテムゲット。(大抵魔石なんですけどね)
 
なお、この戦いでトレードしてくれるのはトキタンだけだったりします。形見にするつもりだったんでしょうかね?
(因みに前作ではルシファーもトレードに応じてくれるのはご存じでしょうか?)

この後おねだりトキタンを含め、仲間を皆殺し。なむ(by無印女神転生Ⅱ)
メガテン初心者には惨いようですが、かつての仲間と敵対し、殺すのはメガテンシリーズの伝統芸だったりします。
その後ヴィシュヌフリンを撃破。
1週目はヴィシュヌフリンに完敗しこのルートを挫折したのですが、2周目だったので、この前の時点で東狂を制覇してレベルも99あり、原天使サタンと魔人マザーハーロットも仲魔にしていたので全く苦戦することもありませんでした。
女神は一人しか選べないので(ハーレムエンドは無いのか! てギャルゲじゃないんだしw)悩みましたが、まず男は全除外(笑)能力面だけで考えるなら間違いなくハレルヤを選ぶべきなのですが、幾ら魂に性別が関係無いと言われても野郎を女神にする事は考えられず、バランスが取れていてどのような場面でも対応できるイザボーを選びました。てか、女子の台詞は誰を選んでも似たような物なんですね。。。

そして、ラスボスのデカい面も殆ど苦戦する事無く撃破。
YHVH撃破時の主人公の能力と装備は以下です。

ナナシ
LV99
HP1269
MP357
力220・技102・魔381・速209・運155
剣威力483 銃威力196
武器 ヒノカグツチ・スカーライフル・パニックショット
防具 (頭)サムライ制服・改(体)ニーベルゲン(足)混沌の黒角(アクセサリ)賢王の腕輪

スキル
アイスエイジ(0)・エナジードレイン(+9)トリスアギオン(+1)覚醒の力(0)八色雷公(0)審判の光(+3)コンセントレイト(+3)メディアラハン(+5)

技の成長は諦め、代わりに力を少し強化。イベント終了ごとに豊洲と天王洲ターミナルを地味に行き来し、終盤は南砂町や霞が関まで足を運び遺物を漁り金を貯め、セール時にヒノカグツチを購入しました。結局あまり物理攻撃しませんでしたが;;
市ヶ谷や宇宙の卵で軍勢を倒すと高確率で香を落としてくれるので新生リスタートでも絆ルートよりも全体的に能力が高くなり、魔力は最終的に380を超えました。防具強化は主にサムライ制服・改に使いました。

顔の時点ではサタン・メタトロン・イナンナで、YHVH変化後はサタン・マーラ・マザーハーロットで戦いました。ルシファーやメルカバーも控えており、このメンバーで負けるはずもありません。
重要なのはヘッドホンを準備し、「神に仇なすもの」に曲が変化後ボリュームをMAXまで上げる事です(マテ)
ナナシ側のパーティーは絆ルートの経験を踏まえ、物理吸収と反射の悪魔が2体、ナナシが二―ベルゲンの物理反射が役に立ちました。
YHVHの攻撃を弾き返してニヤついたご立派様のほーれほれで冒涜しまくり(防御力低下)、サタン2体のコンセントレイト→メキドアークも能力を強化していると毎回4000弱のダメージを与えてくれます。無限大の力からスーパーノヴァの連携だけ喰らわない様に注意して、無限大の力後は必ずマガオンとデカジャを使うようにしたのはセオリー通りです。
 MAX時のダメージは5000を超えました。
そしてYHVH撃破後

実はDLCで唯一神よりも遙かに強い事が発覚したお人が登場。





歴史は繰り返されるのか?


次作への伏線ですかね? フリンとナナシがラスボスの物語が出来るのかも?



知らない方も居たのですが、女神の台詞(多分全員一緒。動画サイトで見たらアサヒも同じでした)の元ネタは恐らくイザナギとイザナミの会話でしょう。

そんな感じで、ナナシ君は新しい神となり破壊と創世を行い、無印の真女神転生Ⅳで築き上げた物を良い具合に破壊してくれる又吉某エンドでした。(マテ)
メガテン初心者はこちらのエンドの方が他のRPGではありそうも無いので面白いかもしれませんが、前作からのプレイヤーには絆エンドの方が良いかもしれません。

・元ネタについて。ダグザはユピテル(ゼウス)? ナナシはオグミオス(ヘラクレス)か?
アオイシロの二次創作もしている事もあり(こっちが本職ですが)、ケルト神話について色々調べてはいたのですが、どうしてもダグザがオーデインの事を模造品呼ばわりするほどの大物であるという印象は受けません。ダヌー神族の祖とはいえ、フォモール族の計略にかかって粥を沢山食わされた話等を見ると、どうしても新宇宙創成に関わるほどの存在に飛躍することに結びつきません。
大陸のケルト神話に目を向けるとルカヌスの『内乱』やカエサル『ガリア戦記』などで報告された神々のいずれかとダグザが関係あると考えて作られた可能性はあります。
カエサルの報告した神々はローマ・ギリシア神話の神々ですが、ナナシが神殺しであるモチーフは恐らくヘラクレスなので、(馬面の悪魔がきっかけで殺されるのも、最初の仲魔がケンタウロスなのも関係あるかと)オグミオスがケルトのヘラクレスと考えられている辺り、(ゲーム上の)ダグザはユピテル=ゼウスを想定していたとしたら似た存在であるオーディンを模造品呼ばわりするのも解ります。ただ、カエサルの記録ではユピテルのランクが四番目に過ぎず、(因みに最高ランクはメルクリウスでアイルランドのルーと結び付けられている)カエサルのローマ式解釈が機械的な物ではなく、ケルト人の実情に即しているとすればゼウスのような存在で語られていたとは言い難いかと思います。この辺の事を詳しく知りたい方は『ケルト神話』(プロインシァスマッカーナ著/松田幸雄訳 青土社)がお勧めです。ケルト神話として話が纏まっている本は『ケルトの神話』(井村君江 ちくま文庫)ぐらいしか無さそうです。とても今作のダグザと結びつきません(笑)因みに井村氏の著書によるとユピテルはヌアダに準えられているようです。
 
あと肉体が魂の檻とかの話はグノーシス主義の影響かと思います。家に2冊ほど本が転がっていますが、正直読んでも訳が分からず埃を被っています(苦笑)興味がある方は講談社学術文庫で出版されているので読んでみるのも良いかもしれませんが、余程関心が無い限り、他の事に時間を使った方が良いかもしれませんね;;

・今までのメガテンと比較して
 元ネタに関しては色々ディスりましたが、真女神転生Ⅲでは只の記号と化していた悪魔達に個性を持たせ、儀典女神転生を思い起こさせる話の筋立ても中々良かったと思います。妙に現代の社会問題とリンクさせたりするのは賛否が分かれそうです。ストーリーはストレンジジャーニーの方が好きなのですが(ニュートラルエンドは感動しました)、ハードの進歩もあり、システム面で大きく今作が上回ります。

自分の脳内ランクでFC版女神転生Ⅱを超える作品はありませんが、アトラス移行後の「真」シリーズでは最高傑作ではないでしょうか? 昔からのファンにはギャルゲ要素というか、ペルソナ的な人間ドラマは受け入れられ無さそうですが、21世紀に入りアニヲタ化した自分には全く抵抗がありません(苦笑)。
ただ、単純にファイナル一作だけで評価してよいものではなく、真女神転生Ⅳとセットで考えるべきなのでしょうかね。イマイチだった真女神転生Ⅳがあったからこそファイナルのような名作が出来たと思うのと、無印女神転生Ⅱのように、数十年経っても面白い作品であるのか、スティーブンのみぞ知ると言ったところでしょう。

拍手[0回]

お待たせいたしました! アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇ルートA第三部~問ひし君はも~(ハッピーエンド)動画をUPしました。
ルートAはこれで完結です。いよいよアヅマなる人物と御子と呼ばれる人物の正体が明らかになります。て、第一部で大体の人は解ったと思いますが’(笑)。「御子」の伝承は『古事記』と『日本書紀』で大きく異なっていたり、『常陸国風土記』に至っては天皇扱いされていたりと、色々と伝承の信憑性に欠ける人物の様で、大抵の歴史学者(津田左右吉やら武光誠やら)からは6世紀~7世紀頃に創作された人物と言う事にされてます。ですが、動画の途中でも説明している『宋書』(倭国伝)を見る限り、実在したかどうかはとにかく、少なくても5世紀にはこの人物に関する伝承は作成されていたのではないかと単純に思います。なお、御子の名前に関しては複数伝わっていますが、敢えてあの呼び方では無く、一番実名に近そうな名前で呼んでいます。
個人的にあんまり御子の事は好きでないのですが(マテ)アヅマさんの正体の人の切なさが伝わったら嬉しいと思います。
伝奇的な要素を抜くとKYなカヤさんが(シャレかい)保美に怒られるシーンとか個人的には気に入ってます。

ルートA第一部動画→https://youtu.be/CPY36oKzxyg?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA第二部動画→https://youtu.be/YgA2lRKusSo?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA第三部バッドエンド動画(穢されし神霊)→https://youtu.be/EJIeqQJepXk?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA第三部バッドエンド動画(血毒)→https://youtu.be/26JV8Y5Cxok?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートA草薙篇動画を纏めて観る→https://www.youtube.com/playlist?list=PLzp5ofQVULfNz-fHdzmINNZ0B6Pnj52fx

ルートAはこれで完結ですが、引き続きルートBの作製に取り掛かるつもりです。今年中に終わればと思います。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

・追記
補足説明 動画36:53頃
アヅマさんのモデルの人物は『古事記』では「后」。『日本書紀』では「妃(みめ)」。『常陸国風土記』では「皇后」とも表現されています。
古代では律令制度が整うと後宮の制度も整い、儀制令・後宮職員令では天皇の妻は「皇后・妃・夫人・嬪」の身分があり、『日本書紀』では編纂当時の令の観念により書き分けられていたそうです。

拍手[6回]

アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇ルートA第三部の配布版を修正しました。

修正した部分はバッドエンド「穢されし神霊」のあるシーンが間違えだったので修正しました。

動画の場合16:35の箇所が間違えでした。(動画の差し替えもしたいのですが、そういう機能は追加されないのでしょうか。。。)あまりネタバレ的な話はしたくないのですが、《剣》があたかも出雲健が素戔嗚尊の末裔であるかのように語っていますが、『古事記』本文では出雲健の系譜は不明であり、(そもそも個人名ではないらしいですが)『日本書紀』では出雲健にあたる人物である崇神天皇紀の飯入根は出雲臣であり、祖神は天穂日命(天照大御神の誓約の際誕生した神。葦原中国へ派遣されるも、大己貴神に媚び、三年間報告をしなかった天津神)と言う事になります。ちょっとこれは恥ずかしい間違えでしたね(滝)申し訳ありません

他にも修正個所が無いか確認し、来週ハッピーエンドの動画をアップデート出来たらと思います。Windows版アオイシロをお持ちで無い方はもう少々お待ちくださいませ。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[2回]

本日、アオイシロWKS秘曲剣巻草薙篇ルートA第三部の配布版を公開しました。

これでルートAは第三部で完結です。え? 前回のラスボス登場の記事って、何の事かしらん(すっとぼけ。ルートAの真のラスボスは奴の後に登場します)まぁそれはとにかく、小山内梢子さん達を度々助けてくれたアヅマなる人物の正体がいよいよ明らかになります。……ってやっぱり第一部で解りましたかね(滝)
本編はバッドエンド二つ、動画でまだ未公開のハッピーエンド一つの内容になります。今回は本編の内容が思ったより長くなってしまったのでおまけ抜きです。というか、徹夜で作製してようやく本編が終了したので、おまけを書く余力などこれっぽっちもありません。。。 それに解説は要らない程梢子さんが物知りになってますので(苦笑)。只、解説では無く独立したストーリーでちょっと変わった内容のアィデアはありますが、それは次の機会に考えておきます。(WKSで何処まで表現できるのだろうか。。。)

アオイシロWindows版をお持ちでない方は以下の動画をご覧ください。なお、ハッピーエンドの動画は後日UP予定ですので、お待ちください。

アオイシロWKS~秘曲剣巻草薙篇ルートA第3部 穢されし神霊→https://youtu.be/EJIeqQJepXk

アオイシロWKS~秘曲剣巻草薙篇ルートA第3部 血毒→https://youtu.be/26JV8Y5Cxok

さて、今後の予定としては動画UP後、いよいよルートBの作製に取り掛かります。現時点であまり詳しい事は言えませんが、ラスボス等かなり原作やルートAと趣が異なったものを考えています。毎回の事ですが如何か気長にお待ちください。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします。

拍手[4回]

   
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]