忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   
アオイシロ・アカイイト関連年表に上古の年代について解説を追加

本日蒼海緋月本館アオイシロ関連の年表上古の年代について解説を追加しました。
神代以降の日本に関わる年表は『日本書紀』に書かれている紀年をそのまま単純に西暦に換算していますが、この数字が正しくないのは言うまでもありません。讖緯説(あるいは辛酉革命説)ぐらいは常識だろうから必要無いかと思っていましたが、ネットなどを見ると本当に皇紀が真実であるかのように信じ込んでいる輩で溢れており、(つーかネト〇ヨは愛国者気取るなら『日本書紀』ぐらい読めと言いたくなりますが……『日本書紀』を読んでいれば不自然に長寿な天皇の寿命に誰もが疑問を抱くはずなので。)歴史学会の定説と、歴史学会が何故か目を背けている異説を取り上げて見ました。時代によってはこれらの方法で上古の出来事に関しても大体近い年の推測の仕方が解ると思いますので、宜しければご覧ください。

話が変わりますが、NHK BSで放送されていた[英雄たちの選択「古代史ミステリー 巨大古墳の国際戦略~半島危機と倭の五王~」]なる放送内容が余りにも酷過ぎた事に憤りを感じました。ゲストの中にまともに『日本書紀』を読んだ人が居ないっぽい事や<考古学者と称する人も居ましたが、彼の主張(例えば百済と加羅は倭国を「利用していた」等。古代朝鮮と倭国の地図を見比べて、国力の差も想像出来ないんですかね。百済や新羅は九州の半分程度の国土に過ぎません。仲哀紀の熊襲を討つか、新羅を討つか検討しているのは新羅が九州の熊襲程度の力しかなかったというリアルな実感だったはずに違いありません>は完全に史実を無視した自国第一主義な朝鮮の学者の受け売りに過ぎず、全く『日本書紀』を信用していないか、自分の主張に関わるところだけ都合よく利用している感じでした。つーか学者なら「治天下大王(アメノシタシロシメシオホキミ)」程度正しく読めと言いたくなりました。恐らく翻訳本の記紀ぐらいしか読んだ事が無いのでしょう)。江戸時代専門の学者タレント教授の磯田道史やら政治学者の宮崎何とかやら素人の意見は明らかに『日本書紀』を読んでいない事が話を通じて伝わってきましたし、そもそも「偉人の選択」なるシーンでTVでやっていたように雄略が昔、倭国が高句麗に痛い目にあった為に戦を避けよう等と考えていた事が伝わる文献など一つもありません。寧ろ『宋書』では高句麗と戦う強い意志が表明されており、『日本書紀』雄略二十年冬には高句麗が百済の都を落とした後、高句麗の王が百済が日本の天皇に仕えている事を恐れ、百済の残兵を追う事を止めた記事があります。多少大袈裟に書かれているとはいえ、高句麗の方も倭国との全面対決に繋がる事は避けていたのは事実に違いありません。勝ち負けはとにかくとして、多大な犠牲が出る大国同士の衝突は極力避けたがるのが歴史の常でありますし、実際、事実上の百済滅亡により協力と称して日本の百済に関する権限が強くなった事や、百済の品々が多く日本に入って来た事により、寧ろ日本に利益がもたらされ、高句麗とも無理に対決する必要が無く、葛城・吉備氏も大和王権に抑え込まれつつあったことで、宋の国から称号を貰う必要が無くなっていたのが史実と言うべきでしょう。その辺りは一応TV製作者側も知っていたのか、『三国史記』にこの時倭国が百済に協力した話が無いと言っていましたが、そもそもあれは12世紀の文献であり、日本でいえば鎌倉時代に古墳時代の話をしているようなものだから正確でないのは当たり前の事です。因みに朝鮮関連、特に百済の古い文献(『百済記』『百済新撰』『百済本紀』等)は実は日本書紀に多く引用されているという事実をあのゲストたちの半分も知らないのではないでしょうかね? 端から嘘だと決めてかかり一顧だにしない事と、『日本書紀』を読んでから記事を取り上げて批判する場合では態度を見れば解りますし、当然後者の方が説得力がありますが、そのような様子は微塵も無く、自らの無知を棚に上げ、英語交じりの現代用語で表現し、(そもそも歴史学者で軽薄な英語交じりの単語を使いたがるミーハーは殆ど居ません)知ったかぶりをする態度にはあきれ果てました。インタビューに答えていた歴史学者の森公章氏もあの番組をみたらあきれ果てたのではないでしょうか? 森氏の著作に関しては私もサイトで倭の五王関連の文章については引用することもあったのですが、あの番組を見る限り、殆どのインタビューをカットされていたと思います。
私があの番組を見る事は二度とないでしょうね。せめてゲストに一人ぐらいは記紀程度は読んだ事がある人を呼んで欲しいものです。武士の家計簿の本がたまたまヒットしただけの江戸時代専門のタレント教授はしたり顔で、こう言った日本の態度により日本が嫌われていったなどと言っていましたが、古今東西外交などそのような物であり、寧ろ現在のように無意味な贖罪意識により妥協を繰り返した結果、近隣諸国に舐められっぱなしの状態の方が異常なのです。仮にも学者を称するなら日本通史と世界史も一般教養程度には勉強してそれらの一次文献もしっかり読んで欲しいものです。
と、話が長くなりましたが、あの手の番組を見る場合は見っぱなしで内容を鵜呑みにせず、必ず一次文献に目を通す習慣をつける事をお勧めします。TVで言う事は信用するなということですw

拍手[2回]

   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR