忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   
今更ラストバイブルを楽に攻略する方法&4月28日の拍手のご返事

真女神転生の次はラストバイブル。今度こそ需要は無さそうです(マテ
というか、他のゲームに浮気している余裕があったらアカとアオ再プレーしやがれとお叱りを受けそうですが、息抜きと言う事で。

*プレーしたのはGB版です。GBカラー版では同じ方法で出来るか保証はありませんのでご注意を。ゲームギア版にも同じタイトルがあるらしいですが、ステータスなどが使いまわしているのに音楽が変わっていたり(一部は若干アレンジを加えているものと、全く置き換えた曲があり、OPとかルシフェル戦とかオリジナル版の名曲は置き換えられています)ラストが全く別の内容のゲームのようです。(ラストがゴッドサイダーという漫画と似ているんですが。。。まぁ女神転生2もゴッドサイダーの影響が見られますが)

・キャラの育て方
真女神転生と同じく、素早さを優先してあげましょう。
打たせずに打つ、攻撃される前に敵を殲滅するのはRPGに限らず基本だと思うので。
後で理由を述べますが、直接攻撃は殆どしないので、攻撃は後半まで上げる必要は無いでしょう。
知力に関係する要素がイマイチよく解らないのですが、キシュ(男の仲間)は知力と少し運も上げた方がムドが効きやすくなるのかもしれませんので、上げておきましょう。

・楽々攻略法?
キシュがムドを覚えたら、自分よりも高レベルの敵が現れる場所に早めに行き、ムドで敵を倒しましょう。
お金の消費は最小限にしてなるべくお金を貯めて、早めにラムーの町に行きブフアーマーを買ってしまいましょう。
これはブフラマが何回でも使え、序盤の敵グループなら一撃で倒せるほどの威力があり、最後まで使えます。
防御力もかなり高いので、エル(主人公)とキシュはこれ以外に鎧を買う必要はありません。
なお、メルッハの町で同じ値段でジオアーマーが買えて、こちらも序盤では使えますが、威力はブフアーマーより遙かに劣るので、そのお金があればラムーでブフアーマーを二つ買った方が効率的です。
後半まで魔法が効きずらい敵は登場しないのでブフアーマーがあれば武器を買う必要はありません。

例外として中盤のイベントで魔法が効きずらいオルトロスとの戦いがありますが、ティンムルの武器屋からアルスの剣をゾディアに渡すように頼まれるイベントでアルスの剣を頂いてしまいましょう。(ゾディアに剣を渡すイベントも発生しないので……設定ミスですかね?)

防御力に不安があるのならば鎧よりも盾を購入すればいいと思いますが、前衛に3体魔獣を立たせれば直接攻撃を喰らうこともないので、これも後半まで不要でしょう。
後半に余ったお金で最強の武器と盾を買えばいいかと思います。
ウラノス(女仲間)にもブフアーマーを持たせてもいいですが、装備できないのに9000マッカは勿体無いと思うので、トリトンのイベント後に手に入るボアズを使わせればいいでしょう。貧弱な威力しかないザンマオンを唱えさせるより強力です。

・基本戦闘方法
魔獣3体→全員防御(ムドを使えるものはムド)
エル→ブフアーマー使用
キシュ→ブフアーマー使用、あるいはムド
ウラノス→ボアズ使用

戦闘の95%は上記方法で事足ります。
同じ魔獣でも直接攻撃の威力が敵の方が強い為(GB版ではそうでした)、殴り合いでは部が悪いです。
魔獣は盾役に専念して、ひたすら防御させるか、ムドを使える魔獣にはムドを唱えさせましょう。

後半の戦闘は、フォースとスターダストを習得したら、威力が同じで消費MPが低いスターダストの方を使いましょう。
ルシフェリゥムで経験値稼ぎをする場合、回復の泉が近いので魔法を惜しむ必要は無いので、ソルレオンと主人公にスターダストをガンガン唱えさせましょう。
ボス戦はランカインを唱えさせれば1000近くのダメージを与えられますので、コツコツ殴るより気持ちが良いでしょう(笑)。

・裏技?
ジャワランとラムーのまちの間に山に挟まれた二つ分ほどのスペースがありますが、ここには周辺の敵よりもレベルが高い敵が登場します。
周辺ではレベル15ぐらいですが、この場所だけレベル30以上の敵が出てきます。
周辺ではゴズキ、メズキのコンビで経験値200程度なのに対し、この場所では経験値が1000以上入る場合もあり、短時間でレベルを上げる事が出来ます。
まともに殴り合う分にはまず勝ち目は無いですが、戦闘方法でご紹介させて頂いたように前衛の魔獣はひたすら防御、キシュのムド、主人公にブフアーマーを使わせれば高確率で勝てます。マガンの塔に行く前はこの方法でレベルを上げておきましょう。


youtubeに落ちていた海外版のラストバイブルのラスボス戦動画。
海外だとラスボスがルシフェルじゃなくてルシファー(Lucifer)なんですね。
この曲、何処となくラスボス戦っぽくない明るい感じが好きです。ルシフェル達ガイアマイスター(ガイアマスターじゃないんですね)がオリハルコンを盗んだ理由が、自分達が生み出した魔獣を守る為であったので、お互いの守るべき者の為の未来をかけた戦いなので明るいイメージの曲なのかもしれませんね。
この作品、フォースの力を得た場合とフォース無しの場合で3体のボス(ルシフェル、バアル、ベリアル)の台詞が変わるのですが、どうせならばメガテンらしいマルチエンドにして欲しかったですが、当時の2Mという容量ではそれは無理だったのですかね。
ルシフェルを倒した後、彼はエルに魔獣の事を託すのですが、ラストバイブル2をプレーした限り、エルはルシフェルの意志を継いだようですね。この辺は単なる完全懲悪では無いのがメガテンらしいというか、当時の作品としては優れていたと思います。ラストバイブル2の方は子供向けにしてしまった為か、絵も音楽も残念な物になりましたが(TT)
2以降はいいので、1のマルチエンドのリメイクを作ってくれないものですかね。(もちろんゲームギア版の酷いアレンジじゃなくて。)

*追記
かつてガラケー用? に新約ラストバイブルという隠れた名作があったそうです。(全然知らなかった。。。)
ビジュアル的にはラストバイブルに近いようですが、内容は女神転生的で、ストーリー終盤はかなり意外な展開な上、ラスボス(学生服ってまさか。。。)がある意味YHVH以上に驚きなのですが(著作権の関係で彼の名前は使えなかったのでしょうかね? 西谷氏はもう関わって無いでしょうし)1は凄く面白そうです。今となってはプレーのしようも無い伝説の作品となってしまいましたが、3DSで発売してくれませんかね。。。
ラスボス戦アレンジ曲が良い→外部サイト新約ラストバイブルラスボス戦アレンジ「ニコニコ動画より」

4月28日拍手とコメントありがとうございます。
拍手のご返事はこちら」よりご覧ください。



>piloveさん。
拍手とコメントありがとうございます!
いえいえ~拍手を頂けただけでも嬉しいですよ^^
明らかにアカイイトの内容から逸脱しているので誰も読んでくれなかったらどうしようと思っていましたが、読んで頂いて良かったです。(苦笑)
いや~そういっていただけると嬉しいのですが、考古学的な見地、例えば遺跡や古墳、神社の場所や青銅器などの出土品から検証を行う事を一切行っていないので、不十分な内容ではあります。まぁ所詮はゲームのファンサイトなので、事実は二の次で、最低限、伝承を紹介出来れば良いのかなとも思いますが。アカイイト自体、ある作品のように「歴史の闇を解き明かす」的な勘違いはしていないので、あまり深い追及は必要ないかなとも思うので。

なお、アマツミカボシが物部氏ではないかという説はHPの方でも取り上げています。
興味がございましたら、こちらをご覧ください。→古典における「主」(天香々背男・天津甕星)の記述

他に有名な古代史サイトでは尾張氏(フツノミタマを神武天皇に献上したタカクラジの末裔であり、ヤマトタケルの妃を輩出し、草薙剣を奉った一族)の抵抗という見方もあります。尾張氏の祖も後世物部氏の祖、ニギハヤヒと習合されているのでいずれにせよ似たようなものであるとみるか、全く別のものとみるか、見解が分かれるかもしれませんが、色々な見方があるので研究してみるのも面白いかもしれません。

また、気楽に遊びに来てくださいね^^

拍手[0回]

   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR