忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   
東京国立博物館へ行って来ました
昨日、東京国立博物館へ行って来ました。

お目当ては北京故宮博物院の展示で、以前から見に行きたかったのですが、先月から新しい出向先で慣れない仕事をやっていたりして中々精神的な余裕がなかったのですが、ようやく仕事も慣れてきて、気持ち的に楽になってきたので行ってきました。

まずは日本美術の流れを時代を追って観て行きました。
青森県十和田市出土の注口土器は素晴らしいですね。三千年か四千年も前にあれほどの物を作るとは
別コーナにあった土偶といい、縄文文化のレベルの高さに感銘を覚えました。
弥生土器や古墳時代の埴輪は造形美的にはむしろ退歩しているような気が(滝)

謡曲「葵上」で使われている鬼女の面とか怖かったですね。
村正やら長船やら実物も見れて感激しました。
個人的に、一番美しく思ったのは貝合わせの道具でしょうか。今回はこれしか写真撮ってないんですよね(滝
kaiawase.jpg










その後昼食タイム
昼食はちょっと遅い2時半ごろに法隆寺宝物館にあるホテルニューオークラ系列のレストランで食べました。
うーん。。。値段の割にはアレでした(苦笑)
最初「今日の魚」という品を注文しようとしたのですが、魚は鱈だと聞き、平凡かなと思い、黒豚ハンバーグを注文したのですが、魚のがよかったのかな?
国立博物館に入っている2軒のレストランをハシゴしようかと思いましたが、時間がないため諦めました。

昼食後は北京故宮博物院二百選を見に行きました。
あんまり清朝の展示品とか興味なかったのですが、商(殷)代からの展示品まで見ることが出来て満足しました。
「鼎の軽重を問う」という故事で知られる鼎を初めてみたのですが、結構小さいなーとか、乾隆帝の鎧が随分でかいのが印象に残りましたね。

この頃は既に四時半を廻っていましたが、最後に平成館の考古展示室を見に行きました。
本の知識で知ってはいましたが、祭祀用の銅矛でかとか、江田船山古墳出土の鉄剣やら、石上神宮の鉄盾やら初めて見ることが出来て感激しました。
と……一番見たかったところでゆっくりする時間も無くタイムアップ

17時閉館と言う事も現地に着くまで知らず、着いた時間が遅かったのでミュージアムショップで買い物する時間すらありませんでしたorz
まぁ事前に下調べはよくしましょうと言う事ですね。

今回はドタバタしていてゆっくり見れませんでしたし、いい加減なレポートになってしまいましたが、次はもっと余裕を持って計画的に観に行きたいと思いました。

拍手[1回]

   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR