忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   
ついに『先代旧事本紀』の現代語訳が発売
ついに出ちゃいました。
ムニュさんのブログで知ったのですが、本邦初の『先代旧事本記』の現代語訳が出版されました。

■天の神庫も樹梯のままに。 : 衝撃の『先代旧事本紀 現代語訳』
■ 安本美典監修・志村裕子訳『先代旧事本紀 現代語訳』

流石にウチのサイトをご覧の方で『先代旧事本紀』の名前を聞いた事が無いという方は居られないとは思いますが、一応アカイイトやアオイシロとの関連性を挙げてみますと、アカイイトの用語解説「文石の長」で「鬼部(物部)一族に伝わる十種の神宝は剣一、鏡二、玉四、比礼(布)三からなる」説明されていますが、「十種の神宝」については記紀では話が無く、物部氏の伝承を載せる『先代旧事本紀』に具体的な内容があります。
また、アオイシロでは保美ルートで明らかに布瑠の言のアレンジと思しき言葉も登場します。

ムニュさんも仰っていますが、残念ながら訳者の志村裕子氏は専門家ではないらしいですが、古代史や物部氏に関しての研究で著名な安本美典氏の元で長年研究されているようで、80年代後半から数々の発表をなさっている方なので信用しても良いのかなとは思います。
たまたまですが、ミ○○ヴぁ書房の某ゼロからのとんでも事典のような、H田T彦氏の九州○朝説を高校教科書に載せろという、目を覆いたくなるような、まるで○流のようなゴリ押し理論を見せつけられた後だった影響もあるかも知れませんが(苦笑)余程良心的な内容に見えました。

大野七三氏校訂の『先代旧事本紀 注釈』は持っているのですが、私の場合、長文の翻訳となると怪しいので(苦笑)、現代語訳は非常にありがたいです。
これに索引でもあれば三浦佑之氏の『口語訳 古事記』のように簡易的な辞典にも使えて便利なのですが、流石にそこまで求めるのは贅沢でしょうか?
自分のように日本神話から古典に興味を持ち始め、記紀や『風土記』の次のステップにと考えている方には充分読みやすい内容になっていると思います。
当方も先日購入しました。

ただ、7140円という値段だけはネックですかね。
やはりこの手の分野に余程関心が強い方か研究者でも無ければ求め難い値段と言わざるを得ないですね。
吉川弘文社の『藤氏家伝』よりはマシですが、何で古代史関連の書って高いのでしょうね;;

『先代旧事本紀』を改めて読んで不思議に思うのは、神武天皇2年2月2日に『日本書紀』にはないフツノミタマを授かる話が載せられているぐらいなのに、何故、物部目の朝日朗征伐や、物部麁鹿火による磐井の乱鎮圧など華々しい出来事が省略されているのか、素朴な疑問を感じます。
朝日朗征伐は伝説っぽいとしても(余談ですが、谷川健一氏が『青銅の神の足跡』で「一目連」がもとは「一つ目の連(むらじ)」であったのでは無いかと面白い事をお考えでしたが)、物部麁鹿火の功績は物部氏歴代の中でも最高のものであると思うのですが。
確か麁鹿火の娘、影媛が真鳥鮪と通じていた事がよろしくないからという理由で割愛されたとか、何かの本(確か『歴史読本』の旧事本紀を取り上げている号だったような記憶が)に書いてありましたが如何なのでしょうね?

拍手[1回]

   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

PR