忍者ブログ

和風伝奇の傑作アオイシロ、アカイイトの非公式ファンサイトです。 「Other Menus」をクリックするとプラグインが表示されます。(PCのみ)

   
祝! アオイシロ発売5周年

本日(2013年5月15日)はアオイシロ発売5周年です。
私がアオイシロとアカイイトと出会い、ファンサイトを立ち上げてから4年目になりますが、流石にアクセス数が減って来ましたね(涙
それでもこんな場所にわざわざ足を運んでくださる方が居られるので、とても嬉しいと思います。
一応今年中は続けるつもりなので、お付き合い頂けたらと思います。

アオイシロはアカイイトが余りにも面白かったので、アカイイトをクリアー後1週間ぐらいで購入したと思います。
これも個人的には大当りで、アカイイトを超える傑作だと思いました。
アカイイトは民俗学、古典をモチーフとしているものの、恐らく吉野裕子の説の拡大解釈をしていると思われる主の設定などは文献学的には根拠の無いものだったり、オマロが用語解説にも狼と書いてあったり(本当は犬)、それよりかノゾミンの平安時代の姫で1300歳という年齢……げほごほ、ま……まぁ色々ツッコミどころ満載だったのですが、比べると相当アオイシロは古典や民俗学の研究の成果が見られます。

『出雲国風土記』阿用郷の条に登場する一つ目の鬼の逸話がヤマタノオロチの原型であるとも言われていますが、馬瓏琉が単なるバロールのモチーフではなく、クロウクルウのモチーフ、ヤマタノオロチと一つ目の鬼の馬瓏琉を関わりを持たせるのは中々奥深いものです。定番と言えば定番ですが、こういった設定になったのは谷川健一の民俗学の影響もあるかも知れません。(アカイイト作製時点では明らかに『白鳥伝説』はご覧になっていないようですが、少なくてもアオイシロ作製時点では『青銅の神の足跡』はご覧になっていたと思います)
和風伝奇では敵としては陳腐化しているヤマタノオロチをケルトのクロウクル・ワッハやクトルゥフとクロスオーバーさせ、ある程度新鮮味を持たせたり、銀の腕ヌアダ長腕ルー源為朝をかけた「手腕」も見事だと思います。
惜しむらくはあまりにもネタが濃すぎて一般的には理解されないまま終わってしまう事が多いのではないかと思います。
(そういう自分も全てを理解している自信は無いのですが。。。)
単なる百合作品という捉えられ方では勿体無いので当サイトではアオイシロ元ネタ分析のページを設けているのですが、古典なり、民俗学なり興味を持っていただければ、益々アオイシロが面白くなるのではないかと思います。
当サイト(本館)がそんなきっかけになれればいいかなと願っています。

それにしても、アオイシロの続編か、無理ならば葵ルート(マテ)を追加したリメイク版でも良いので発売してくれませんかね。。。

アオイシロ,アカイイトのファンサイト蒼海緋月本館もよろしくお願いします!

拍手[3回]

PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 蒼海緋月 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]